Googleアナリティクスの分析はスプレッドシートのアドオンで全自動化しよう

8114399667_e43e1c2f8d_z

今回はgoogleアナリティクスの分析をgoogleスプレッドシートのアドオンで取り込み、スプレッドシートならではの関数も組み合わせて自由に数値設定しながら、かつ自動更新までできる設定を紹介します。

PR

googleアナリティクスによる分析

超初心者向けにgoogleアナリティクスとは何ぞや?という話ですので有識者は未読スルーしてください

googleアナリティクスとは、googleが公式に提供している分析ツールで、googleのアカウントがあれば無料で誰でも利用する事が可能です。googleアナリティクスのタグをサイトに設置すると自動的にトラッキングされ、「PV」「流入経路別の流入数」「ユーザの地域や属性」「サイト内の滞在時間」などのデータを閲覧・分析することができます。定点観測によるトレンドの確認や、トラフィックの拡大や会員登録などのコンバージョン改善施策の分析等に役立ちます。ウェブマスターツールやadsense、adwordsなど、googleが提供する他サービスとの連携もあり、全てのツールを無料で利用できるため、個人ブログでも本格的なサイト解析が可能です。

googleスプレッドシートとアドオン

googleスプレッドシートもアナリティクスと同様にgoogleが公式に提供している表計算ソフトで、ほぼエクセル(excel)と同じ関数が使えます。エクセルにインポートとエクスポートが可能で、マクロを組むことも可能です。また、アドオン機能で各種webサービスのデータを連携する機能も実装されています。今回は、スプレッドシートのアナリティクスのアドオンを連携して、アナリティクスではできない分析手法を紹介します。

googleアナリティクスのデータをスプレッドシートに連携して分析する方法

①ここからが本題です。まずは新規でスプレッドシートを開き、「アドオン > アドオンを取得」を選択します。
スプレッドシートを新規で開いてアドオンを選択する


②検索窓で「google analytics」と入力して検索します。「無料」のボタンを押して、スプレッドシートとアナリティクスを連携させます。
スプレッドシートとアナリティクスの連携


③スプレッドシートに戻り、「アドオン > Google Analytics > Create new report」を選択します。ここからがアナリティクスと連動したレポート作成になります。
アナリティクスと連動したレポート作成


④こちらの画面がレポートの設定画面になります。なお、後続の画面でも設定はできますが、本画面では項目を検索しながら選択することができる点がメリットで、設定画面のGUIといったイメージです。以下の項目を入力して「Create report」ボタンを押すと、出力したい項目を設定することが可能です。

1)レポート名を設定
2)データ出力したいgoogleアナリティクスのアカウント、プロパティ、ビューを選択
3)マトリクスには分析したいデータ項目を選択します。ここではPVやユーザ数など、複数設定しておきます。
4)ディメンションにはデータの切り口を選択します。ここではディメンションにdate(日付)を選択します。

※ディメンションとマトリクス(指標)の例
・日別(=ディメンション)にPV(=マトリクス)を見たい
・ページ別に(=ディメンション)に滞在時間を見たい(マトリクス)

リストからも選択できますし、文字列を入力すると検索もできます。設定後の画面はこんな感じになります。「Create report」ボタンを押してレポートを作成します。
レポート設定画面の設定後


⑤④までに設定した内容が反映されています。ここでは、細かい設定を入れずにLast N Daysの日付だけ30日に設定して「アドオン > Google analytics > Run reports」からレポートを実行します。
スプレッドシートのレポート実行画面

項目別の説明は以下を参考にしてください。

Report Nameレポート名称
Typeデフォルトは「core」。そのままでOK
View (Profile) ID / idsアナリティクスのビューID
Start Dateデータ取得範囲。YYYY-MM-DDの形式で入力。
End Dateデータ取得範囲。Last N Daysかstart endのセットのいずれかで実行する
Last N Daysデータ取得範囲。ここを設定すると、直近N日分をデータを取得する
Metricsマトリクス(指標)。取得するデータ項目
Dimensionsデータの切り口
Sort-ga:sessions,-ga:pageviewsのように、マイナスを付与すると降順ソート
Filters例えばデバイスをiOSのみ、流入経路をfacebookのみ、といった設定が可能。詳細は後述
Segment新規ユーザのみ、といったセグメントの設定。詳細は後述
Sampling Level「DEFAULT」「FASTER」 「HIGHER_PRECISION」が選択可能
Start Indexデフォルトは「1」。データ取得を開始するインデックスの設定
Max Resultsデフォルトは「1,000」、最大「10,000」。データ取得件数
Spreadsheet URL別シートにデータ出力する場合に設定

⑥実行結果は別のシートに出力されます。Dimensionsを日付で実行したので、直近30日間の各KPIが日別に出力されました。
実行結果


⑦出力したデータをvlookupなどで別シートに欲しいデータだけ抽出し、さらにそのデータを元データにして、例えば7日間移動平均線を引く等、スプレッドシート上で定常的に分析する数値を見たい切り口で管理することが可能です。
スプレッドシートで加工した分析データ


⑧データの最新化はボタン一つでできますが、その手間すら省くべく、スケジュールによる自動実行も可能です。「アドオン > Google Analytics > Schedule reports」を選択します。「Enable reports to run automatically.」にチェックを入れ、実行周期を選択します。実行周期は、毎時、毎日、毎週、毎月の4パターンが選択可能です。うまく関数とグラフを組んでおけば、全自動で常に最新のKPIがチェック可能というわけです
googleアナリティクスアドオンのスケジュール実行手順①
googleアナリティクスアドオンのスケジュール実行手順②

マニア向け!Filtersの文法一覧とサンプル

Filtersのカラムを使う事で、例えば、オーガニックの新規ユーザーのみで100訪問以上あった日を抽出する、といった条件指定をして実行することも可能です。

オペレーターの一覧表

オペレーター意味例文例文の意味
==等しいga:userType==New Visitor新規訪問者
!=等しくないga:operatingSystem!=iOSOSがiOSでない
>より大きいga:users>10ユーザ数が10人よりも大きい
<未満ga:users<10ユーザ数が10人未満
>=以上ga:users>=10ユーザ数が10人以上
<=以下ga:users<=10ユーザ数が10人以下
=@部分一致を抽出ga:sourceMedium=@organic参照元がオーガニック
!@部分一致を除外ga:sourceMedium!@organic参照元がオーガニックを除外
=~正規表現に一致を抽出ga:sourceMedium=~.*co.jp参照元がco.jpで終わる
!~正規表現に一致を除外ga:sourceMedium!~.*co.jp参照元がco.jpで終わるものを除外

and条件、or条件

and条件とor条件でフィルターを設定することも可能です。

and条件
;(セミコロン)

(例)
ga:operatingSystem!=Android;ga:operatingSystem!=iOS;ga:userType==New Visitor
OSがAndroidとiOSではなく(=PCユーザ)、新規ユーザだけを取得

or条件
,(カンマ)

(例)
ga:sourceMedium==google / organic,ga:sourceMedium==yahoo / organic
googleのオーガニックとyahooのオーガニックユーザを取得

マニア向け!マトリクスとディメンションの代表的な設定値

スプレッドシート上で設定する代表的なKPIについてもまとめました。参考にしてください。

マトリクス

パラメータ意味
ga:pageviewsPV
ga:usersユーザ数
ga:newUsers新規ユーザ数
ga:sessionsセッション数
ga:bounces直帰数
ga:bounceRate直帰率
ga:avgSessionDuration平均滞在時間
ga:organicSearches自然流入

ディメンション

パラメータ意味
ga:userType新規or既存
ga:referralPath参照URL
ga:source参照元
ga:sourceMedium参照元/メディア
ga:operatingSystemOS
ga:date日付
ga:country国・地域

まとめ

googleアナリティクスには十分なレポート機能があるためしっかり分析ができますが、スプレッドシートのアドオン機能を使う事で、思い通りの一歩深い分析が可能になります。エクセルでgoogleアナリティクスのデータを毎回エクスポートしていた人も、スプレッドシートのアドオンを実行するだけでグラフ作成までが完了しますし、スケジュール機能を使えば全自動でレポート出力まで行ってくれます。是非活用してみてください!

PR
PR